コミュ障を改善するには早めにその原因に気づくこと。

コミュ障を改善するには早めにその原因に気づくこと

 

コミュ障という言葉をよく耳にしますが、とくに適応障害やうつ病などの心の病のことを指しているわけではなく、人とのコミュニケーションが苦手な人や、人見知りをする人のことを言います。良く言えば、奥ゆかしくてシャイな人だと表現するのが、ふさわしいかもしれませんね。

コミュ障であることは、普通の人に比べて欠点があるわけでもなく、悪いことではありません。コミュ障を改善したいと思うのなら、まずはその原因を探ってはいかがでしょうか。そのためには、冷静に自己分析をして、自分の長所と短所を把握することです。

これまでに自分の欠点について人から指摘されたことがある人や、心の中でコンプレックスを抱いている人は、人とのコミュニケーションが苦手な人もいるようです。自分の発言や行動に自信が持てず、「今この場で言いたいことはあっても、口に出すことでみんながシラけるのではないか。」「自分の発言に共感してくれる人や味方になってくれる人がいないかもしれない。」「どこか自分だけ孤立している」とネガティブに考える人もいるようです。

周りの空気が読めないのではなく、一生懸命その場に合わせようとして、必要以上に気を使う傾向にあるので、もっと気持ちを楽に開放すると良いですね。


コミュ障の改善方法について詳しく知りたい方はコチラ

 

ピックアップ

簡単エクササイズで美尻に

簡単3ステップ!効果的な美尻のエクササイズ方法を紹介しています。

 

スポンサードリンク